「ゴルトン社長」のはじめの一歩

「ゴルトン社長」のはじめの一歩

憧れの人に近づきたい、現状を変えたい人に、はじめの一歩を踏み出す「アイデア」を配信します

【2020年】IoTのオススメ厳選9冊!要点をIoTブロガーが紹介!

最終更新日:2020年11月16日
f:id:BlueThree:20201116184407p:plain

「ゴルトン社長」です。

最近、IoTの本が昔に比べて多く発売されるようになりました。

しかし、文章が多くて初心者向けでなかったり、情報が古かったりと選ぶ本によっては損する可能性があります。


そこで、私が読んでみて良いと思った本を9冊選びました!
「0から学ぶ人」も「ある程度知識がある人」も参考になる本を厳選しました。


また、IoTの本を読む時の「注意点」もご紹介します。

IoT分野での本の読み方!

f:id:BlueThree:20200721231517j:plain

厳選9冊に行く前に、IoT分野での本を読むときの「注意点」をご紹介します。


一言で言うと「IoT分野の本は結構高いので、何度も読むべき本は買って、1度で良いものはKindle Unlimitedで安く読むこと」を強くオススメします。


IoT分野の本を大きく分けると、以下の3つに分類することができます。

⚫︎ IoT技術:メカ、ネットなどの技術
⚫︎ 事例集:IoTが使われている具体的な事例
⚫︎ 意見や主張:IoTで世界がどのように変わるのか?


IoTの技術本は、大きく変わる事がないので、買って何度も読む価値があります。

しかし、事例集や意見に関しては学ぶ事は大切ですが、何度も読む必要がありません。
事例に関しては、ネットで無料で見れるものが多いです。


なので、何度も読むべき本か見極めてから買うようにしましょう!

参考) Kindle Unlimited の登録方法


Kindle Unlimitedは、簡単に言うと「月額980円で10万冊以上のたくさんの本が読み放題」のサービスです。


しかも、最近は期間限定で3ヶ月間「98円」のキャンペーンをやっています。
1ヶ月30円でたくさんの本が読めるって、ちょっと異常だと思います。笑


電子書籍が苦手な人も、このキャンペーンで試してみることをオススメします。

技術書だけでなく、漫画や料理本など幅広い本が読めるので、使っていないと損しかしません笑


デメリットは、「電子書籍に慣れられるかどうか」という点だけです。
電子書籍に慣れてしまえば、異常にお得なサービスです!

参考サイト

IoTのオススメの本厳選9冊+α!

f:id:BlueThree:20200617154320j:plain

私が読んでみて、オススメの本を9冊に厳選しました!

0から学びたい人

1) 2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門



【ポイント】
IoTの知識0でも理解できるので、最初から知りたい人にはピッタリ!

【オススメ理由】
⚫︎ 基本の基本から書かれている

⚫︎ イラストが豊富でわかりやすい

⚫︎ 事例が豊富


0から学びたい人は、分厚い書籍に絶対手をつけてはいけません!
まず、簡単で分かりやすくサクッと読める本をオススメします。


IoTのサクッと読める本の代名詞といえば、この本ですので超オススメです!


【参考サイト】
2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門

2) IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書


【ポイント】
IoT業界の基礎が、幅広く体系的にまとめられています。

【オススメ理由】
⚫︎ IoTの重要事項が網羅的にまとめられている
⚫︎ 辞書的に使える
⚫︎ 量が多くて細かい事まで、記載されている


電子書籍好きの私ですが、この本に関しては紙でも持っています。

ふと思い出したい時に、とっさに辞書的に使えるので、とても便利な本です。


【参考サイト】
IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書

3) IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書


【ポイント】
IoT用語を分野別にまとめている本!

【オススメ理由】
⚫︎ 用語を体系的に学ぶのには、一番ベスト

⚫︎ 用語の意味を忘れた時に辞書的に使える

⚫︎ 広く浅めに網羅的なので、そこまで重くない!

IoTの用語は幅広いです笑
メカ、ネット、サービス、アプリケーションなど幅広い分野が関わっているからです。


なので、用語集は必須アイテムです。
その用語集をまとめた本で、一番のオススメがこの本です。


【参考サイト】
IoTの全てを網羅した決定版 IoTの教科書

初級レベルを学びたい人

f:id:BlueThree:20200911164020p:plain

4) 未来IT図解 これからのIoTビジネス


【ポイント】
とにかく事例をたくさん知れる

【オススメ理由】
⚫︎ 事例が豊富
⚫︎ カラーイラストがたくさんあり、分かりやすい
⚫︎ 量が多くないので、サクサク読める

事例を学んでIoTを理解するというのが、一番イメージがわきやすく手っ取り早いです。
事例集で、今のところ一番オススメの本です!


【参考サイト】
未来IT図解 これからのIoTビジネス

5) Small Factory 4.0 第四次「町工場」革命を目指せ! IoTの活用により、たった3年で「未来のファクトリー」となった町工場の構想と実践のすべて


【ポイント】
生産ラインのIоT化による、生産性の向上が具体例を通じて知れる。

【オススメ理由】
⚫︎ Small Factory 4.0(第4次産業革命)の具体例がわかる。
⚫︎旭鉄工に転籍してからの経営改革の成果事例を紹介しているので、イメージがつきやすい。
⚫︎ 中小企業経営者が参考にしやすい


【参考サイト】
Small Factory 4.0 第四次「町工場」革命を目指せ! IоTの活用により、たった3年で「未来のファクトリー」となった町工場の構想と実践のすべて

6) 勝者のIoT戦略


【ポイント】
「IoTによる変化がどのように進んでいくのか」を考える良い材料になる。

【オススメ理由】
⚫︎ IoT全体の流れがわかる
⚫︎「ダスト・コンソーシアム」関連の記述が多いが、事例としては分かりやすい。
⚫︎ IoTに関連する仕事をされている方は、読む価値あり!


【参考サイト】
勝者のIoT戦略

中級レベルを学びたい人

f:id:BlueThree:20200804220519j:plain

7) IoTとは何か 技術革新から社会革新へ


【ポイント】
IoTの現状・課題・未来像を、作者が豊富な事例をあげて説明している。

【オススメ理由】
⚫︎ 国産OSトロン開発者の坂村健先生の本
⚫︎今後のテクノロジーの管理の仕方や発展の仕方がわかる
⚫︎ アグリゲートコンピューティングの内容もわかる


【参考サイト】
IoTとは何か 技術革新から社会革新へ (角川新書)

8) サービスのためのIoTプロダクトのつくり方


【ポイント】
IoTディレクターとして製品開発経験をベースにした本であり、説得感がある

【オススメ理由】
⚫︎ 著者による実践経験・ノウハウが惜しみなく記載されている。
⚫︎スマートウオッチ(コネクテッドウオッチ)と、その関連サービスの開発経験の話が参考になる
⚫︎ IoT商品・サービスに携わっている人に非常に参考になる点が多い


【参考サイト】
サービスのためのIoTプロダクトのつくり方

9) IoTシステムのプロジェクトがわかる本 企画・開発から運用・保守まで


【ポイント】
プロジェクトの責任者が持つべき「知識」や「視点」が記載されている。

【オススメ理由】
⚫︎ 開発の留意点、PoCの留意点を書いている本が少ない中、この本は分かりやすい
⚫︎プロジェクトの責任者視点の本が珍しい


【参考サイト】
IoTシステムのプロジェクトがわかる本 企画・開発から運用・保守まで

最後に

f:id:BlueThree:20200805191056j:plain

最後までご覧いただき、本当にありがとうございます!!


最近は、たくさんの読者さんから「コメント」や「メッセージ」が届くようになりました!!

皆さんと会話できて嬉しいですし、コメントで毎日励まされています。

⚫︎ 記事が参考になった!
⚫︎ 面白かった!
⚫︎ シェアしたい!!

と思った方は、

「スターボタン」「ブックマーク」または「Twitterのフォロー」を宜しくお願いします!


皆さんの1秒のアクションで、私は1日ハッピーに頑張れます!

(twitter : @GoRuton_1stStep)

オススメ記事!