「ゴルトン社長」のはじめの一歩

「ゴルトン社長」のはじめの一歩

憧れの人に近づきたい、現状を変えたい人に、はじめの一歩を踏み出す「アイデア」を配信します

【本の要約・感想】仕事が早い人の手帳・メモのキホン_メモしない人は大損する!!

最終更新日:2021年08月19日

あ、ど〜も! ゴルトン社長です!

今日は「会社では教えてもらえない 仕事が早い人の手帳・メモのキホン」の要約の記事です!

 

仕事が速い人と、仕事の遅い人の違いはなんでしょうか?

 

1つには手帳の使い方です。

仕事が速い人と遅い人では、手帳の使い方が圧倒的に違います。

 

 

私は今まで、手帳は『なんとなくメモするもの、周りに合わせてとりあえず書くもの』という認識でした。

 

しかしこの本を読んで、手帳は『自分の脳みそ (= 外付けハード)』という考え方をもち、格段に仕事が早くなりました。

 

この本を読むだけで、結構かわったので興味がある人はぜひ読んで欲しい本です。

この記事では、主なポイントである部分を要約し、まとめて解説していきます!!

1:見るべきは、 1ヶ月後の部分。

f:id:BlueThree:20210818233416j:plain

 

仕事が速い人は、先々の予定までどんどん埋めているのです。

彼らは「予定は自らが作るもの」と考えています。

 

なので1ヶ月後の手帳に、すでにいくつもの予定が書かれています。

 

 

 

一方で、いつも遅くまで仕事をしている人はどうでしょうか?

おそらく、ポツン、ポツン、といくつかの予定が書かれているだけでしょう。

 

彼らは「予定は入ってくるもの」だと考えています。

忙しいといっても、実は目の前の仕事に追われているだけなのです。

 

2:仕事が速い人になるには?

f:id:BlueThree:20210818233714j:plain

 

仕事の早い人は、スケジューリングを逆算して考えています。

次の展開を予想して、強制的に予定を入れるようにしましょう。

 

例えば今の仕事の様子を見て、1ヶ月後の予定まで考えて記載しましょう。

具体的には、こんな感じです。

 

①手帳に先々までのスケジュールを細かく記入する 

 

②そのスケジュールを見ながら、どこに「スキマ時間」があるかを確認し、大事な予定をロックしておく

 

 

 

一方、仕事の遅い人のほとんどの人が、足し算型になっています。


足し算型の人は

 今日 1日をできる限り頑張り、次の日もまた一生懸命に頑張る。
そうすれば、きっと成績は急上昇する

と信じているところがあります。

 

仕事は最初が肝心です。

最初の作り込みが甘いと、どんどん無駄な作業が増えて忙しくなります。

 

3:忘れないように、メモすることが大切

f:id:BlueThree:20210818233804j:plain

 

「これくらいは大丈夫だろう」というのが一番危ない。

報告を忘れることは絶対に避けねばなりません。

 

仕事の遅い人は、自分の頭に頼ります。

しかし、いろんな仕事が入ってくると、どうしても忘れてしまいます。

これが危険!!

 

一言のメモでも構いません。

手帳に自分のタスクをメモするようにしましょう。

できれば日程を決めて、タスクをいつやるか明確にするとより良いです。



「報告は、正しい情報よりも、まずは拙速さが重要。

その後に詳しい情報がわかれば、逐次、情報を追加せよ。

まずは早く報告するということが何よりも大事だ!」 

 

スケジュールに細かく入れて、報告するようにしましょう。

ましてや、報告を忘れることは絶対に避けましょう。

4:手帳は雑に扱うな!

f:id:BlueThree:20210818233401j:plain

 

手帳を雑に扱うな!!
これは私から強く主張したいことです。

 

仕事のできる人は、手帳カバーが皮だったり、ペンやメモ帳がおしゃれだったり、気を使っています。

 

一方、仕事のできない人は、ぼろぼろのノートだったり、ペンが汚かったり、ありもので済ませているところがあります。

 

 

皆さんはいかがでしょうか?

 

特筆高いものを使う必要はありません。

ただ、自分で考えて選別したものを使っているか、確認してください。

もし、テキトーなものを使っているのであれば、今すぐ変えましょう。

 

 

希代のアイデアマンと言われた故スティーブ・ジョブズも、こう言っています。

「優れた芸術家はまねをし、偉大な芸術家は盗む、とピカソは言った。だから、すごいと思ってきた様々なアイデアをいつも盗んできた」と。

 最後に

f:id:BlueThree:20200801171932j:plain

最後までご覧いただき、本当にありがとうございます!!


最近は、たくさんの読者さんから「コメント」や「メッセージ」が届くようになりました!! 
皆さんと会話できて嬉しいですし、コメントで毎日励まされています!

 

「スターボタン」「記事のシェア」または「Twitterのフォロー」をしていただけると大変嬉しいです。