「ゴルトン社長」のはじめの一歩

「ゴルトン社長」のはじめの一歩

憧れの人に近づきたい、現状を変えたい人に、はじめの一歩を踏み出す「アイデア」を配信します

【本の要約・感想】時間術大全_知らないと時間にいつまでも追われる

最終更新日:2021年07月14日 

あ、ど〜も! ゴルトン社長です!

今日は「時間術大全ーー人生が本当に変わる「87の時間ワザ」」の要約の記事です!

 

皆さん、日々時間に追われていませんか?

自分の時間がなくて、なんとか時間を作るために生産性を高めていませんか?

 

私も生産性を高めるために、パソコンのスキルや仕事術の本を読んで、何とか時間を作り出していました。

れでも、自分の時間を作るのはなかなか出来ませんでした・・・

 

生産性を高めることは、悪いことではありません。

しかし、自分の時間を作るためには、生産性を高めることよりも大事なことがあります!

 

それは「優先度を決めて順番に取り組み、取り組めなかったことはやらない」ことです!!!

 

私が、この本を読んで実践した結果、自分の時間をたっぷりと摂ることができるなりました。

時間に追われてる人で、この本を読んでいないなら、相当もったいないです!

 

今日はこの本で、私が特に見返しているページを中心に要点をまとめました。

1: 1日の初めに優先度の高い目標を 1つ決めると、魔法が起きる

f:id:BlueThree:20200929191306j:plain

生産性を高めたからといって、いちばん大事な仕事をしていることにはならない。

たんに他人の優先事項にすばやく対応しているだけなのだと。

優先度の高い目標を1つ決めて、それをまず取り組むとたっぷりと時間を取ることができます!!

 

優先度の高い項目を後回しにすると、 余計なことに時間が取られ結局優先度の高いものに時間が使えなくなります。

 

余計なことはいくらでも入ってきますし、 他人の依頼はたくさんあります。

それを優先せずに、まず自分にとって優先度の高いことから始めましょう。

 

もし、優先度の高い目標が1つ終わったなら、その時点で次に優先度が高い目標に取り組めば良いです!!

2:主導権を取り戻すには、テクノロジーとの付き合い方を自分で変えるしかない。

f:id:BlueThree:20201012182642j:plain

だが、アップルやグーグルが iPhoneやアンドロイドをどう改良しようとも、注意をめぐる競争が終わることはない。

企業や政府当局が僕らに“集中”を返してくれるまで待ってはいられない。

テクノロジーとの関わり方を考えないで、ただ使っていると時間はどんどん奪われていきます!!

 

確かに、テクノロジーが進化して生産性が爆発的に上がりました!

 

しかし、自分の自由な時間というものはドンドン失われています・・・

 YouTube や SNS はユーザーをどれだけ惹きつけられるか日々考えています。

 

時間制限は設けるなり、スマホを開かない時間を決めるなりして、ついついスマホをやめましょう!

3:ニュースはそもそも見る必要がない

f:id:BlueThree:20200813091607j:plain

そもそもニュース速報という考え自体が、「世界中で起こっていることをいますぐ知るべき」という、強力な神話のうえに成り立っている。

毎日ニュースを見る必要はありません!

 

ニュースを見るとどうでもいいことに時間を取られてしまいます。

また、 嫌なニュースを見ると気分が落ち込んでしまいメンタル的にも良くありません。

 

ニュースを見ても何も得をしないのです!

 

ニュースを見ないと世間の話についていけないじゃないか?

という意見があると思います。

 

しかし、ニュースを知らなくても困りません。

私の場合は、週に1回 「Google ニュース」のヘッドラインだけ流し見します。

それでも困りません!

News Diet

News Diet

Amazon

f:id:BlueThree:20210625184722j:plain

ニュースは受動的に取るのではなく能動的に摂るようにしましょう!

 

ところで、1週間のニュースで覚えているものは何個ありますか? 

覚えていて2〜3個程度だと思います。たくさんの時間を費やしていても、その中で1割程度しか覚えていないです。

受動的に得た情報は、記憶に残らないのです。

 

それでも、重要なニュースは周りから自然と入ってきます。

なんとなく気になるニュースが自分の耳に入ってきたら、その時自分から調べに行けばいいのです!!

4:じつは、完璧の追求も「注意をそらすもの」の 1つだ。

f:id:BlueThree:20201011184907j:plain

そもそも完璧なんてものは存在しない。

完璧を追求しても、本当に優先すべきものへの集中を妨げる“キラキラしたもの”がまた 1つ増えるだけだ。

完璧に物事を仕上げるのはやめましょう!

そもそも完璧なんてないのです。

 

物事を0点から80点にするのは簡単です。

しかし、80点から100点に仕上げるのは、とてつもない時間がかかります。

なので、物事を80点まで仕上げたら、そこで終わりにして次に進むのがいいでしょう!!

 最後に

f:id:BlueThree:20200801171932j:plain

最後までご覧いただき、本当にありがとうございます!!


最近は、たくさんの読者さんから「コメント」や「メッセージ」が届くようになりました!! 
皆さんと会話できて嬉しいですし、コメントで毎日励まされています!

 

「スターボタン」「記事のシェア」または「Twitterのフォロー」をしていただけると大変嬉しいです。