「ゴルトン社長」のはじめの一歩

「ゴルトン社長」のはじめの一歩

憧れの人に近づきたい、現状を変えたい人に、はじめの一歩を踏み出す「アイデア」を配信します

【英語のアクセント】強く発音?正しい発音・読み方!

最終更新日:2020年09月22日
f:id:BlueThree:20200923230204p:plain:w600
高3の最初の全国模試は「英語偏差値35」でしたが、今ではビジネス英語レベルでも問題ない「ゴルトン社長」です。
(twitter : @GoRuton_1stStep)

英語が「苦手な人」が「得意」に変わるコツを伝える記事です!

f:id:BlueThree:20200811173028j:plain:w500
英語が苦手な人に向けて「独学でも上達する勉強法」を記事にします。

皆さんが、スキマ時間で読める記事です!

具体的には、私がたくさんの時間をかけて会得した「英語のコツ」を書いていきます!
なので、皆さんはコツを知って、無駄な時間をかけることなく「効率的に」成長できます。

  • 記事にするキッカケ
  • 筆者ゴルトンの英語レベル

が気になる方は以下の記事を参考にしてください。
www.goruton.com

英語のアクセント!強く読めば良いってわけじゃない!

f:id:BlueThree:20200715213323j:plain:w500
例えば、innovation (イノベーション:革新)という単語を、どう発音していますか?
アクセントを意識できていますか?
ちなみに、アクセントの位置は「a」です。

アクセントって英語の授業で習うわりに、「どう発音すれば良いのか?」を知っている人は少ない気がします。

BAD

イノーション

アクセントは、強く読めば良いってわけじゃないです。
音量を大きくする必要はないです。

GOOD

「アクセントの位置の母音を長くする」イメージで読んでください

例えば、

イノベエーション

「べ」の母音の「エ」も合わせて発音するイメージです。
「アクセント = 発音時間を伸ばす」というふうに捉えるとネイティブっぽくなります。

決して「アクセント=音量」ではないです。

最後に!!

f:id:BlueThree:20200805191056j:plain:w500

最後までご覧いただき、本当にありがとうございます!!

最近は、たくさんの読者さんから「コメント」や「メッセージ」が届くようになりました!!
皆さんと会話できて嬉しいですし、コメントで毎日励まされています。

ありがとうございます!

これからも、ゴルトン社長は「毎日」ブログを更新しています! www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com

皆さんから人気がある記事

www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com

まとめ記事

www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com