「ゴルトン社長」のはじめの一歩

「ゴルトン社長」のはじめの一歩

憧れの人に近づきたい、現状を変えたい人に、はじめの一歩を踏み出す「アイデア」を配信します

【1時間で、外国語がペラペラになる!?】この考え方を知らないと、修羅の道を歩くでしょう

最終更新日:2020年09月04日
f:id:BlueThree:20200905194843p:plain:w600

高3の「4月の全国模試」は英語偏差値35でした「ゴルトン社長」です。

(twitter : @GoRuton_1stStep)

英語などの「外国語」で
「単語や文法などはわかるけど、会話が全然できない」人には、ぜひ見て欲しい記事です!

会話ができない人でも「会話の考え方・コツ」さえ知ってしまえば、いきなりペラペラにはなりませんが、ある程度話せるようになります!

基本的な考えを知ったら「実践と反省を繰り返すだけ」でググッと会話ができるようになります!!

0)ゴルトン社長は、英語話せるの?

f:id:BlueThree:20200604161636j:plain:w400

高校生の時

私は高校生の時に、英語の偏差値35でした。
それだと大学合格が厳しかったので必死に勉強しました。

また、大学に入ってからも継続して勉強を続けました

bluethree-gift.hatenablog.com bluethree-gift.hatenablog.com

現在

その結果、現在は「ビジネス会話レベルなら問題なくできます」
(大人数のネイティブとの「抽象度の高いディスカション」などは厳しいです。)

具体的には、私はレベルはこんな感じです。

  • 英検準1級
  • TOEIC820
  • 欧州の大学に半年留学
  • ビジネス英会話レベルは問題なし
  • フランス語3級で、日常会話レベルは喋れる
  • ドイツ語が挨拶や簡単な会話は喋れる

なので、これ以上のレベルを求めている人には、この記事は当たり前の事かもしれません。

また、ネイティブでもないので、ノンネイティブの立場からの意見になります。

bluethree-gift.hatenablog.com bluethree-gift.hatenablog.com

「できない」が「できる」までの話

「英語ができなかった」私が、「できるようになるまで」の経験や考え方を紹介するので、英語が苦手な人こそ見て欲しいです。

私と同じ苦しみを感じて欲しくないです。本当に。。。英語できないのキツイもん

「日本で良く言われている勘違い」「会話ができるようになるには、どうすれば良いのか」をご紹介していきます。

1) 常時考えながら、英文を話してはいない!?

f:id:BlueThree:20200602192455j:plain:w400

よくある勘違いは「英会話をする時は常時考えて、高速で英文を作り出して会話してる」という事です。

正しくは、会話では「定型文の単語を入れ替えたりして話す」のが基本です。

定型文で喋っているとは?

f:id:BlueThree:20200514104212j:plain:w400

  • 「〇〇さん、いらっしゃいますか?」
  • 「少々お待ちください」
  • 「申し訳ございません」

皆さんは電話をする際に、このような言葉を「考えて」喋っていますか?

恐らくそうではなく、いつも喋る言葉だから無意識に定型文を喋っていると思います。

英語も会話の8割は「定型文・定型文の単語入れ替え」で喋っています。

どうしても困った2割の時に「文章をこねくり回して喋って」います。

f:id:BlueThree:20200602182237j:plain:w400

  • なんか感情が揺れ動いたら、「マジ、ヤバイ!!」
  • 相手の相槌がめんどくさくなったら「それな、だよね」
  • 同意したかったら「ええな、良いよね」

このように、意識せず「定型文」で返していると思います。

いつも使う言葉は「この定型文!」って決めていると悩まないので、スラスラ会話ができます。

逆に相手の言葉にいちいち反応していたら、頭が疲れるしスラスラ会話できません。

日本語であろうと、英語であろうと、フランス語であろうと、定型文は絶対必要です!

具体的には?

f:id:BlueThree:20200531172509j:plain:w400
例えば、何かして欲しい時に定型文として、これを覚えておきます。

I want 〇〇

そうすると、

  • I want food (なんか食べたい)
  • I want bag (カバン欲しんだよね~)
  • I want to play soccer (サッカーしようぜ)
  • I want red pen (赤いペン貸して)

という文章が作れます。
1つの定型文に「単語」「文章など」をくっつけるだけで、言いたい事が結構言えるようになります。

日本語はだいぶ意訳していますが、状況から推察できる内容であればぶっちゃけ伝わります。

  • 「適切な文法を使わないといけない」
  • 「冠詞が抜けてる」
  • 「意訳しすぎ」

これらの指摘も、もちろんわかります。

ただ、英会話ができない人が、いきなり細かい所まで意識するのは難しいです。
特に冠詞は、日本人では研究者などのエキスパートでない限り、完全に理解するのは難しいと考えており適度に意識すれば良いです。

英会話が苦手な人の特徴

f:id:BlueThree:20200520113923j:plain:w400
「細かい事が気になって喋れない」
「正しい英語で喋らないと伝わらない」
「発音が正確でないと伝わらない」など

英会話が苦手なのに、文法がわかるため「細かい事が気になってしまう人」は損をします。

私も最初は、文法や発音が気になって、うまく喋れませんでした。

「s, the, aなど必要?」
「現在完了、過去形?どっち?」
「発音変かな?」


こんなことを考えているうちに喋れる機会がなくなり、どんどんネガティブになっていきます。

最初のうちは、それを気にしていてもしょうがないです。
「出川英語」のように「簡単な英語で熱心に伝えていく」のが重要です。

会話の目的は、意思疎通ができる事です。
細かい所を気にして、会話できなくなっていては本末転倒です。

本当に伝わるの?

f:id:BlueThree:20200607093911j:plain:w400
アメリカ人のネイティブにも相談しました。
喋れるなら綺麗な英語の方がいいけど、「単語レベルでもわかるから大丈夫」って言ってました。

例えば、日本にきた海外の人が、日本語を一生懸命喋っていたら一生懸命聞きますよね。
多少の文法が変でも、なんとなく察してくれます。

いきなり綺麗に喋るのを目指すのではなく、まず伝える意識を持つ事が大切です

f:id:BlueThree:20200520120127j:plain:w400
私の留学していた時の経験ですが、「日本人の友人」は海外の友達と「Yes, No, 5W1H, 単語だけ」で会話が成り立っていました。

文章で喋っていません。
でも、伝える熱意があったから友達や彼女ができて、数ヶ月後はミルミル成長し、見違えるほど喋れるようになっていました。

まずは、細かいことを気にせずに「伝える意識」を持って話事が重要だと思います。

ここまでのまとめ

f:id:BlueThree:20200516132816j:plain:w400

  • 喋るのは定型文が基本
  • 定型文を覚えて、単語などを入れ替えて話す
  • 最初は細かいことは気にしない
  • 簡単でも「伝える熱意」があれば伝わる

2)オススメの参考書

定型文を覚えるのにオススメの参考書があります。

「すぐに使える英会話: スーパー・ビジュアル」です。

これはシリーズで色々な種類が出ているので、自分に適する物であればどれでも良いと思います。

f:id:BlueThree:20200608155950p:plain:w500

商品によっては、「Kindle Unlimited」無料で読めるので、 試してみてください。

第二外国語

f:id:BlueThree:20200810150642j:plain
また、英語だけでなく「フランス語」「ドイツ語」「スペイン語」など様々な外国語に対応しているので、第二外国語も簡単に学べます。

喋るだけなら、「この本」と「単語帳」さえあれば日常会話は喋れます!

bluethree-gift.hatenablog.com

bluethree-gift.hatenablog.com

まとめ

f:id:BlueThree:20200513114757j:plain:w400
英語がすごく喋れるようになるには、努力が必要です。

ただ、英会話の最初の壁である「細かいことを気にせず"伝える事"を意識する」を突破できれば、意外と後は簡単だったりします。

まずは、簡単な定型文から話して、段々とステップアップすれば必ず喋れるようになります。

偏差値35でもできるようになったので、皆さんなら継続すれば必ず喋れるようになります!!
一緒に頑張りましょう!

最後に!!

f:id:BlueThree:20200805191056j:plain:w600

最後までご覧いただき、本当にありがとうございます!!

最近は、たくさんの読者さんから「コメント」や「メッセージ」が届くようになりました!!
皆さんと会話できて嬉しいですし、コメントで毎日励まされています。

ありがとうございます!