「ゴルトン社長」のはじめの一歩

「ゴルトン社長」のはじめの一歩

憧れの人に近づきたい、現状を変えたい人に、はじめの一歩を踏み出す「アイデア」を配信します

【退屈な人生の脱出法】「メモ」を絶賛する理由・メリット

最終更新日:2020年08月09日
f:id:BlueThree:20200731230743p:plain:w500

◆ポイント◆
○メモを取ると頭が良くなる
○どの分野でも優秀な人はメモをとっている
○メモを取って細かい所にも気づけるようになり、それを継続するといつの間にか才能を得ている
○メモを取るとストレスが大幅に減る

昔は、メモするのが大嫌いだった「ゴルトン社長」です。(twitter : @GoRuton_1stStep)

メモするのが嫌いな学生や社会人にぜひ見て欲しい記事です。
メモだけで人生変わります!

学生の頃は「書く」行為がめんどくさすぎて、メモをまったくしませんでした。
メモしない事には自信がありました。
そんな私が「メモの素晴らしさ」に気付いて、今ではかなりメモを取るようになりました。

本日は、

  • メモ嫌いの私が、メモを取り始めたキッカケ・理由
  • メモの超すごいメリット

をご紹介していきます。

1. メモ嫌いな私

f:id:BlueThree:20200709181347j:plain:w500

メモが嫌いな理由は「書く事がめんどくさい」「頭で覚えれば良い」の2つでした。

  • 紙に書いて練習する。覚える。→めんどくさい
  • 紙に書いて計算する。→めんどくさい
  • メモをして覚えておく。→めんどくさい

メモする行為がめんどくさすぎて、いつもやるのを放棄していました。
数学の時間も計算するのがめんどくさくて、教科書をみて頭の中で解き方が思いついたら計算せずに終わらせていました。
また、バイトの時もメモをとらず頭に入れて覚えていたので、店長からの印象も悪かったです。

もし学生の時に「メモの超すごいメリット」に気づけていたら人生違っただろうな、と今では反省しています。

2. メモをとるようになったキッカケ・理由

f:id:BlueThree:20200802125016j:plain:w600
メモを取るようになったのは、ダーツにハマっていた大学生の頃です。

ダーツを始めて半年後ぐらいの時です。
メモを取る前の私はイマイチ伸び悩んでいて、上手い人に全く勝てませんでした。

「上手い人」と「下手な自分」、何が違うんだろうと考えていました。

そんな時悩んでいる時に、たまたま上手い人に教わり何が違うのかに気付きました!
上手い人は、

  • 足の角度
  • 手のスナップのタイミング
  • 力の入れ方
  • どこを目を向けているか

など、細かい所作にも全部根拠があって、「全部メモして忘れないようにしている」と教わりました。

上手い人は感覚が優れているのではなく、ちゃんと細かい所まで考えて、気をつけて投げているのだと初めて気付きました!

これはダーツだけでなく、「スポーツ」「仕事」「勉強」など全てで言える事です。
もちろん感覚で上手くなった人もいますが、上手い人の大半は「根拠・理由」を細かく考えているのです。

そして、それを忘れないようにメモしているのです。

3. メモの超すごいメリット

f:id:BlueThree:20200802125236j:plain:w600

メモを取る事自体は、今でも「めんどくさい」です。
しかし、それ以上に「超すごいメリット」があります。

  • 目で見て全部確認できるので、頭で考えるより深い思考、分析、気付きを得る事ができる。 →単純に頭が良くなる
  • メモに書く事で、客観的に物事を捉えられる。多角的に物事を見れる。
    →単純に頭が良くなる
  • 細かい事でも、昔の事でも思い出せる。 
  • 書く事でストレスが減る。

自分の頭で考えていることを紙に書くことで、目で情報を見ることができるので頭で考えるより気づきが増えます。
結果、深い思考や分析ができるようになるので、頭の良い発想が思い浮かびます。

また、意外と知られていないのですが、自分の考えている事やモヤモヤする事を紙に書き出すことによって、ストレスが大幅に減ることが様々な研究からわかっています。
たくさんの事を頭で考えると大変と感じてストレスを感じますが、紙に書き出すと「考えてたより大変じゃない」と目で見て気づくことができます。

モヤモヤしなくなるので、ストレスが減るのもうなずけます。

f:id:BlueThree:20200615195810j:plain:w600
そして、メモを取って細かい所にも気づけるようになり、それを継続するといつの間にか才能を得る事ができます!!

詳細は下記記事に書いていますが、簡単にまとめると

  • 細かい事に気づいて改善できると、その分野でドンドン成長する。
  • ただ、細かい事や改善した事を忘れない事は重要である。

という内容です。
www.goruton.com

細かい事を忘れない方法は、メモしかありません。
昨日の夕飯すら覚えていないのに、細かい事なんてもっと覚えていられません。

自分が大きな成果を出したい分野があるのであれば、メモしてみてはいかがでしょうか?

4. オススメのメモの取り方

f:id:BlueThree:20200629230041j:plain:w600
メモの取り方は、人それぞれ適したやり方があると思います。

  • 手帳、ノート
  • iphoneのメモ機能、メモアプリ
  • カレンダー、ToDoリスト

などがあげられるでしょう。

f:id:BlueThree:20200803214624p:plain:h300

ただ、筆者がどうしてもオススメしたいのは「エクセル」です。

エクセルは、メモをする上で、綺麗に整理する機能・特徴がたくさん詰まっています。

  • 分類分け、階層分けが用意
  • 日付の記入がしやすい
  • データの入れ替えや編集がしやすい
  • 色分け、表示・非表示の仕分けがしやすい
  • 計算などもできる

スマホのアプリなどで無料で利用できるので、筆者は愛用しています。

www.goruton.com

メモを取ってから、ダーツが明らかに上手くなった

f:id:BlueThree:20200802125058j:plain:w500
メモをしっかり書いて細かい所まで気を配るようになったおかげで、そこから私はダーツがググッと上手くなりました。

詳しく言うと、「Bフライト(普通の人)」から「AAフライト(上手な人)」になりました。

そこからプロが出ている大会にも挑戦する事もでき、今までよりずっと上のステージに行くことができました。

私の体験・経験上から、何かの分野で大きな成果出す・大きな成長を遂げるには、メモが絶対必須だと断言できます。

最後に!!

f:id:BlueThree:20200801171932j:plain:w500

メモを取ると人生が変わります。

○メモを取ると頭が良くなる
○どの分野でも優秀な人はメモをとっている
○メモを取って細かい所にも気づけるようになり、それを継続するといつの間にか才能を得ている
○メモを取るとストレスが大幅に減る

たくさんのメリットがあります。
なんで自分がメモを取っていなかったのか、不思議なぐらいです。 私はダーツ以外でもメモを取るようになり、様々な分野で大幅に成長することができました。

皆さんも今日からメモしてみませんか?

最後までご覧いただき、本当にありがとうございます!!

最近は、たくさんの読者さんから「コメント」や「メッセージ」が届くようになりました!!
皆さんと会話できて嬉しいですし、コメントで毎日励まされています。

ありがとうございます!

これからも、ゴルトン社長は「毎日」ブログを更新しています! www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com### 皆さんから人気がある記事 www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com

まとめ記事

www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com