「ゴルトン社長」のはじめの一歩

「ゴルトン社長」のはじめの一歩

憧れの人に近づきたい、現状を変えたい人に、はじめの一歩を踏み出す「アイデア」を配信します

【マイルド貧乏になりたくない人へ】今の時代は、〇〇の違いだけ!

最終更新日:2020年09月22日
f:id:BlueThree:20200923224940p:plain:w600
学生時代は、お金の使い方が下手だった「ゴルトン社長」です。(twitter : @GoRuton_1stStep)

日本でも世界でも、「貧困によって死ぬ」というのは近代の経済やテクノロジーの発展により改善されてきています。

少なくとも日本では、現代は貧乏で死ぬというのはかなり稀でしょう。

しかし、現代は

  • 死にはしないけど、楽しく生きれない
  • 生きるために働くのか、働くために生きているのはわからない
  • 生活はできるけど、余裕が全然ない

などの「マイルド貧乏」が増えてきています。

そして、マイルド貧困を抜け出す方法は「昔と違って〇〇だけ」と気づきました。

この記事を読んで少しでも、改善されたなら嬉しいです。
気になる方は、ぜひ読んでみてください。

1) 今の時代は、〇〇の違いだけ!

f:id:BlueThree:20200707235042p:plain:w500
今の時代、「貧困になるか・お金持ちになるか」「情報」の違いだけです。

「それだけじゃないだろ」「能力、環境、遺伝もあるだろ」って思いましたか?

私も昔はそう思っていました。ただ、現代はそれらの影響はかなり無くなってきています。

本当に情報の違いだけなのか?

f:id:BlueThree:20200706225018j:plain:w500
昔は、

  • 能力
  • 才能
  • 環境
  • 遺伝
  • 親の収入
  • 出身

などの要素が貧富の差を決めていました。

しかし、現代は「インターネット」の発展によって、これらの差を「情報を正しく得る事」で大幅に縮める事ができます。

例) 勉強

f:id:BlueThree:20200707235206j:plain:w500
例えば、学生の勉強などの場合、
昔は、勉強方法や解答方法を「自分なりに」考えなければなりませんでした。

これは個人の能力や才能によって、差が大きく生まれます。

しかし、現代はGoogle、Youtubeで検索すれば、勉強方法や問題の解答方法はいくらでも出てきます。

また、色んな人が動画をあげているので、自分にあった方法を探しやすくなっています。

自分と同じ悩みを抱えた人たちが、試行錯誤した答えがたくさん転がっています。

問題集や参考書もオススメをAmazonで調べれば、出てきます。 なんなら、その要点なんかもGoogleにまとまった記事としてあったりします。

塾に関しても、高いお金を払わなくても受けれるサービスが出てきました。
地方にいてもネットさえあれば、有名講師の授業を受ける事ができます。

つまり

f:id:BlueThree:20200707235256j:plain:w500
現代の高校受験、大学受験は「自分で考えて、自分で勉強する」より「他の人から正しく情報を得て、自分にあった正しい勉強する」のが重要なのです。

もちろん、多少は個人の能力などが関係してきますが、情報を得ようとする熱意さえあれば、いくらでも挽回できます。

2) 正しい情報を得よう!

f:id:BlueThree:20200707235443j:plain:w500
情報はちゃんと調べてるけど、他の人のように上手く行かないって感じる人が多いのではないでしょうか?

それは「正しい情報・深い情報」を得られていないからです。

  • 複数の情報が調べられている
  • 複数の比較対象の情報が整理されている
  • 個人の感想だけではない
  • 本当にそうかと何回か疑って調べている
  • 他に方法はないか考えている

これらができていれば、正しい・深い情報と言えるでしょう。

例) 社会人のお金の使い方

f:id:BlueThree:20200707235509j:plain:w500
社会に出てからのお金の使い方は、人生を左右するぐらい重要です。
例えば、社会人で一人暮らしをすることになって、「引越し、家具、家電」など考えたり買ったりすると思います。

この時に、「自分の過去の経験」から「住居や家電」を決めていくと思います。
もちろんネットのレビューなどを参考にもするでしょう。
この時に「正しい情報・深い情報」を得ないと、大きく損をします。

例) 家電の買い方

f:id:BlueThree:20200707235601j:plain:w500
家電を買いにヤマダ電機などの家電量販店に行くと思います。
その時に、良い商品があって悩んでいる時に
「販売店員さんに値引きしてもらって、お得だから購入した」など心当たりがありませんか?

ネットで買えば、断然お得に買えます!

「とは言っても、値引きしてもらってるから、そこまで変わらないでしょ」

って思っていますか?

それは、情報不足なので注意が必要です!

家電量販店とネットの比較

f:id:BlueThree:20200614093000j:plain
家電によりますが10万円の同じ家電を買おうとしたら、1~3万円は変わってきます。
また、ほぼ同じ機能の型落ちなどを買えば、3~5万円ぐらい変わってきます。

「ネットで買えば安い」という情報を知っているだけで、軽く数万円お得になります。

ネットで買えば安いのは知ってるよ!

f:id:BlueThree:20200707235811j:plain
とはいえ「ネットで買えば安い」という事は知っている人が多いと思います。

では皆さんに質問です。

  • どのサイトが安いのか?
  • いつ買えば安いのか?
  • どこの情報を信じれば良いのか?
  • レビューは本当なのか?
  • 他に安く買える方法はないのか?

これの情報に関して、考えた事ありますか?
Amazon、楽天を比較して安い方で決めていますか?

もちろん、それでも良いと思います。

f:id:BlueThree:20200707235948j:plain:w500
ただ、家具や家電などは、色んなサイトや調べ方があります。
時期によって値段も大きく変わります。
例えば、値段には周期性があり安い時期を知っているだけでお得になります。

このように「情報」を「正しく・深く」集める事で、自分の間違った判断や考え方が無くなっていきます。

3) なぜ情報に差が出るか?

f:id:BlueThree:20200706231051p:plain:w500
「ネットで調べてるから、そこまで差が出ないのでは?」と考えた方、とても良い気づきです!

私も同じGoogleやAmazonを使っているから「変わらないだろう」と思っていました。

ですが、重要なので再度お伝えいたしますが、
情報を「正しく・深く」で情報の差が生まれます。

Google、Amazonで1回検索するのはみんなやるので、そこまで差が生まれません。

ただ、その情報が
「本当にあっているのか?他に方法はないのか?」 などを繰り返し突き詰める事ができているか、いないかで「情報の差」が生まれます。

まとめると!

f:id:BlueThree:20200708000152j:plain:w500
お金の差、能力の差は「情報の差」である。
そして、情報の差がつくのは、「めんどくさがらず、正しく・深い情報を得ようとする」かどうかで決まります。

人はめんどくさがるものなので、気にするだけで人に圧倒的な差をつける事ができます。

4) そもそも検索結果が個人によって違う!?

f:id:BlueThree:20200708000117j:plain:w500
加えて、下記の記事で紹介していますが、Amazonの価格は1人1人ずつ価格調整されています。

www.goruton.com

また、Googleの情報も同様です。
なので、そもそも見ている情報が異なっている事があります。

このような事を知っているだけで、差がどんどん開いていきます。

まとめ

f:id:BlueThree:20200610172012j:plain:w500
近年は、情報不足が深刻な貧困を呼んでいます。
逆にネット環境があるのであれば、情報を集めるだけでドンドン豊かになっていきます!

とにかくわからない事は、とことん調べてめんどくさがらないようにしましょう。 それだけで、老後2000万円問題が解消できます!

他の記事や動画も随時更新しております。
お得な情報を見逃して損しないように 気になった方は「ブックマーク」や「登録」をよろしくお願いいたします。
あなたの応援だけが私の励みになります!!

あなたへのオススメ記事

www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com

皆さんから人気がある記事

www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com

まとめ記事

www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com