「ゴルトン社長」のはじめの一歩

「ゴルトン社長」のはじめの一歩

憧れの人に近づきたい、現状を変えたい人に、はじめの一歩を踏み出す「アイデア」を配信します

【関係が崩れる原因】小さな事こそ、破滅フラグ!

最終更新日:2020年08月06日
f:id:BlueThree:20200801091937p:plain:w500
最近、調子が悪かった「ゴルトン社長」です。(twitter : @GoRuton_1stStep)

友人関係・信頼関係・家庭関係をギスギスさせたくない人に、オススメの記事です。です。

最近、妻から「ウサギを飼いたい」と言われました。

ウサギを飼いたいという「小さな事」ですが、それが2人の関係を知らず知らず「ギスギス」させていきました。

最近起きた「小さな事」から「大きなギスギス」まで発展した話をします。

1. ウサギとの出会い

f:id:BlueThree:20200801092300j:plain:w500
ある日、ショッピングセンターに2人で出かけていると「ペットショップ」を見つけました。

その中でも際立った存在感がある「ウサギ」に、嫁は一目惚れしていました。

「ウサギを飼いたい!」

その意見はわかります。私もそのウサギは可愛いと思いました。

しかし、私の中では

  • ウサギの世話は大丈夫なのか?
  • 快適な環境ってどんなんだろう?
  • 寿命の間しっかり面倒を見れるのか?
  • 餌とかの費用はどうするのか?

など真剣に考えていました。

私は、

ちゃんとウサギを最後まで育てる覚悟はあるの?10年ぐらいの寿命だけど大丈夫?

と質問しました。

妻は、曖昧な回答のまま「ウサギを飼う事」に目を向けていました。

日を空けて、何回か同じような質問を私はしましたが、妻はいつも曖昧な回答のままでした。

その話し合いができていない状況に、小さいけど「確かなストレス」を抱えていました。

2. 小さなストレスから大きなギスギスへ

f:id:BlueThree:20200724125503j:plain:w500
週が変わっても「ウサギを飼う事」しか目を向けていない状況に、だんだんとストレスが大きくなっていきました。
最初の方は「ウサギを飼う事」がストレスだと思っておらず、「仕事の疲れ」だと思っていました。

だんだんと大きくなっていったストレスによって、ウサギ以外の「細かい事」でも毎週揉めるようになってしまいました。

普段あまり揉めない2人でしたので、さすがに何かが原因だと私は考えていました。

そしてウサギに出会って3週間後に、妻が

あのウサギを買う!!

と決めた時に、「ウサギを飼う事」が私のストレスになっていることに気づきました。

ちゃんと言うと、ウサギを飼う事自体はストレスではなく、「どうやって飼うか」ちゃんと考えていない事にストレスでした。

先ほどあげた

  • ウサギの世話は大丈夫なのか?
  • 快適な環境ってどんなんだろう?
  • 寿命の間しっかり面倒を見れるのか?
  • 餌とかの費用はどうするのか?

などの事です。

この事を嫁に話し、ウサギを飼う事に関して真剣に考えた結果、 「ウサギを飼う事」は白紙になりました。

3. どんな関係でも話し合いが大切

f:id:BlueThree:20200801125901j:plain:w500
ストレスのキッカケは、「街中の可愛いウサギに出会って、家で飼ってみたい」という、小さな出来事でした。
こんな出来事はよくあると思います。 ただ、飼う事に対して真剣に話し合ができておらず、飼う事に納得感がないので、だんだんとストレスが大きくなってしまいました。

「小さな事」が「大きなストレス」に繋がる事をあらためて実感しました。

今回は、夫婦での話でしたが、

  • 友人
  • 恋人
  • 仕事

など、どのような関係でも起こりうる事です。

どんなに小さな事でも自分が納得していないのであれば、そのことを正直に伝えて話し合いをする事を強くオススメします。
話し合いができない関係は、必ずどこかで関係性が壊れます!

小さな事こそ、破滅フラグなのです。

4. 話し合いのコツ

f:id:BlueThree:20200801130501j:plain:w500

うまく話し合えるコツは、なんでしょうか?何か「コツ」や「テクニック」を持っていますか?

私が思うコツは、どちらが「良い・悪い/ 正しい・正しくない」で判断しない事です。

とにかくお互いの意見をゆっくりと整理して、どうすれば「お互い納得するか」を考えることが重要です。

「良い・悪い/ 正しい・正しくない」で判断すると優劣の関係ができるので、必ずどちらかがモヤモヤする事になります。
それこそストレスにつながります。絶対にやめましょう。

もし、皆さんが歩み寄っているのにもかかわらず、相手がひどい態度を取ってくるのであれば、関係をやめた方がいいです。
あなたにとって辛く、不幸になるだけです。

最後に!!

f:id:BlueThree:20200709181548j:plain:w500

最後までご覧いただき、本当にありがとうございます!!

最近は、たくさんの読者さんから「コメント」や「メッセージ」が届くようになりました!!
皆さんと会話できて嬉しいですし、コメントで毎日励まされています。

ありがとうございます!

これからも、ゴルトン社長は「毎日」ブログを更新しています! www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com

皆さんから人気がある記事

www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com

まとめ記事

www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com www.goruton.com