「ゴルトン社長」のはじめの一歩

「ゴルトン社長」のはじめの一歩

憧れの人に近づきたい、現状を変えたい人に、はじめの一歩を踏み出す「アイデア」を配信します

【Google vs Amazon】スマートスピーカーを使いこなせ!メリット・デメリットを解説!

最終更新日:2020年09月09日
f:id:BlueThree:20200909231416p:plain:w600

◆この記事のポイント◆
○スマートスピーカーは、他の家電と連動すると神アイテムになる
○安いのでも良いが、画面付きがオススメ
○筆者はGoogle製品をオススメ

スマート家電が大好きな「ゴルトン社長」です。

ゴルトン社長@スマートライフ (@GoRuton_1stStep) | Twitter

  • Google Home
  • Amazon Echo
  • Clover

最近、このような色々な機種のスマートスピーカーが発売されていますね。
スピーカーだけのタイプ、画面がついているタイプなど機能も値段もバリエーション豊富です。

でも、どの会社が出しているスピーカーも違いがなさそう。
そもそも何ができるのか、よくわからないですよね。

本記事では、スマートスピーカーで具体的に何ができるのか、メリット・デメリットなどをまとめました。

また、私が実際に使用した「Google Nest Hub, Amazon Echo Show」の使用した感想もまとめました。

1) スマートスピーカーとは?

f:id:BlueThree:20200518190541p:plain:w600
一言で言えば、「人の声などの音声認識ができるスピーカー」です。
人が話しかける事でスピーカーがその内容を把握し、内容に応じて様々な事をしてくれます。

2) 具体的に何をしてくれるの? 何が便利なんだっけ?

f:id:BlueThree:20200910180049j:plain:w600

スマートスピーカーで出来ることは、色々あります

  • 音楽を流す
  • 天気予報を聞く
  • 家電を操作する
  • アラームやタイマーのセット
  • ニュースやラジオを聴く

実はスマートスピーカーは、スマホや家電で出来る事が大半です。
スマートスピーカーを導入する事で「革命的に便利になる」っていう物ではありません。

そのため、世間では「別に要らない」って言う人がチラホラいます。

じゃあ、何が便利なの?

f:id:BlueThree:20200611224734j:plain:w600

スマートスピーカーは「地味にめんどくさい手間がなくなる」という物です。

なので、設定や使い方を詳しく知らないと「時間・天気」ぐらいでしか使わなくなります。

アップルウォッチと似たような感覚で、地味にめんどくさい手間がなくなります。

皆さんに適した製品、設定や使い方は「この記事の後半」で解説します。

www.goruton.com

イメージ例:交通系ICカード

f:id:BlueThree:20200910182854j:plain:w600

スマートスピーカーの便利さは、「切符」と「Suica (交通系ICカード)」の関係に似ています。

例えば、電車を使う場合に「切符」は販売機に行けば買えます。
Suicaはなくても困りません。

しかし、現代の大半の人は「Suica (交通系ICカード)」が便利で使っていますよね?

  • 乗り換えの料金を考えなくていい
  • 自販機で飲み物も変える
  • コンビニで支払いもできる

Suicaは持っていると、このような「めんどくさい手間」が大幅に減りますよね。

スマートスピーカーも似ています。
絶対必要な物ではないように感じるけど、「使ってみると超便利でやめられない」という感じです。

「Suica (交通系ICカード)」が便利だと感じるのであれば、スマートスピーカーはオススメできます!!
設定や使い方さえ把握してしまえば、便利すぎてやめられません。

スマートスピーカーの良さがわかってきましたね!

3) どうゆう人にオススメ?

f:id:BlueThree:20200518190410j:plain:w600

皆さんに質問です。いくつ当てはまりますか?

  • 音楽を流したいけど、スマホとか触って流すのはめんどくさい
  • 寝るときに、電気やエアコンを消し忘れて、起きてリモコンを触るのはめんどくさい
  • リモコンを部屋から無くしたい
  • デジタルフォトフレームを買おうとしている
  • テレビを見ないから、天気やニュースが知りたい
  • 料理中が暇だから動画が見たい
  • 夏場・冬場に家に帰ってきたら、エアコンが自動でついていて欲しい
  • なんかあったらかっこいい。自慢できる。(笑)

0~1個の場合:まだ買わなくていいかなと思います。
2~3個の場合:この記事を読み終わる頃には、欲しくなると思います。笑
4個以上の場合:値段が安いのから試しに、購入した方が良いです。

これらの細かい欲望を全部解消してくれるのが、スマートスピーカーです!!

4) どれがいいの?

f:id:BlueThree:20200518190115p:plain:w600

  • 販売台数1位:Amazon製品
  • 販売台数2位:Google製品

私は、この2社の製品を購入したので、「そのスピーカーの特徴」をお伝えします。

私のオススメは、Google製品です。
詳細な理由は後ほど説明します。

「Apple製品」や「Line製品」などのスマートスピーカーは、ヨドバシカメラで見た感想レベルになってしまうので、割愛いたします。

Amazon 製品の特徴


Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール

A)「スキル」と言われる機能が豊富

様々な会社が「スキル(機能)」を提供しているので「できる事が多い」です。

例えば

  • JR東日本の運行情報
  • 銀行の残高照会
  • 特殊なラジオが聴ける

「良くできた物」から「とりあえず作ったレベルの物」もあるので、何が出来るかは事前に調べた方が良いです

B) 家電製品との連携

Googleももちろん連携できます。
しかし、Amazonの方が応答性がよく、詳細な設定が可能です。

色々カスタマイズしたい場合は、Echoの方がいいでしょう。 www.goruton.com

C) Prime Musicとの連携

Prime Music を利用できるのであれば、Echoで音楽を流す相性がバツグンです!

D) Amazonで注文が出来る

正直、機能としてよく言われますが「私は一度も使った事ないです」

Google 製品の特徴


Google Nest-Chalk ホワイト

A) Google検索ができる

簡単な事を知りたい場面が、生活をしていると意外とあります。
調べるほどでもないけど、知りたいときにすぐGoogle検索できるのは便利です。

Amazon製品でも簡単な事しか答えられないです。

しかし、Googleは検索エンジンがあるのでかなりの質問に答えてくれます!

B) Google カレンダーなどの親和性が高い

Googleカレンダー、フォト、マップなどアプリ連携ができます。

日程表を頻繁に確認する場合にストレスがなくなります。
画面付きのスマートスピーカーを買えば、デジタルフォトフレームとして使えます!!

C) Youtubeが流せる

Amazon Prime Musicを登録していない場合、Youtubeが流せるGoogle製品の方がいいと思います。
無料である程度の音楽は流せます!

画面付きであれば、音楽だけでなくYoutubeをみる事が出来るので、使い道の幅が広がります。

結局どっちが良いの?

「細かい機能が欲しい、家電との連携は色々設定したい、応答性が早い方がいい」:Amazon製品

「検索機能は欲しい、Youtubeをよく見る、Googleアプリをよく使う」:Google製品

多く該当する方を選びましょう!

私はGoogle検索、Youtubeなどを使うので、Google製品を使っています!
試しに買ってみようかなと思っているレベルであれば、Google製品が親しみやすい思います!!

Amazonの方が応答性は良いですが、多少レベルなのでそこまで困りません。
ソフトアップデートで、そのうちあまり変わらなくなると思います。

5) スマートスピーカーで気をつけたい事・使い方!

f:id:BlueThree:20200707235948j:plain:w600

スマートスピーカーを持ってるけど、天気・時刻しか使っていない人は多いのではないでしょうか?

正直、私も最初は同じ状況でした。使いこなせていませんでした。

スマートスピーカーは、スマートホームのためにあると言っても過言ではありません。
簡単に言うと「スマートスピーカーは、声で家電を動かす便利さのためのデバイス」です。
スピーカー単体で有効に使うのは、かなり難しいです。

スマートホームの概要や使い方は、下記記事で説明しています。 www.goruton.com

そして、お金が少しかかっても「画面付き」のスマートスピーカーを買う事を、強くオススメします。

以前、私は「画面なし」のを持っていました。

しかし、タッチの方が音声と合わせると操作性がバツグンに上がります。
さらに、画面が見れるので聞き逃しても確認ができたり、Youtubeや料理のレシピを見れたりと非常に便利です。

どこの会社も良い製品ですが、画面がないと非常に使いづらいです。 「画面なし」は避けてください。

画面付きは少しだけ高いですが「デジタルフォトフレーム」みたいに写真を順繰りに流したりできるので、記念写真を飾りたい人はなおさら「画面付き」にして下さい。

最後に!!

f:id:BlueThree:20200805191056j:plain

最後までご覧いただき、本当にありがとうございます!!

最近は、たくさんの読者さんから「コメント」や「メッセージ」が届くようになりました!!
皆さんと会話できて嬉しいですし、コメントで毎日励まされています。

ありがとうございます!

オススメ記事!