「ゴルトン社長」のはじめの一歩

「ゴルトン社長」のはじめの一歩

憧れの人に近づきたい、現状を変えたい人に、はじめの一歩を踏み出す「アイデア」を配信します

【才能の正体】あなたは凡人ではない。人生が変わる「才能の獲得方法」

最終更新日:2020年05月20日

才能がないと悩んでいる「あなた」に届けたい

f:id:BlueThree:20200516132734j:plain
才能の獲得をしてから、絶好調のゴルトン社長です。(twitter : @GoRuton_1stStep)

友達やSNSの有名人などを見て、「あの人は結果をたくさん出していてすごいな。私なんて結果が出ていなくて怒られるのに、、、」と思ったことありませんか?
生まれ変わろうとして、新しい事に挑戦するが長続きせず自信を失っていませんか? 私も色々と人生うまくいかず、挑戦して挫折しての繰り返しでした。
ただ、ある人の言葉をきっかけに「才能の獲得方法」「結果の出し方」がわかりました。

自分の才能結果を出したいけど、
「どうやったらいいかわからない人」に、ぜひこの記事を最後まで読んでいただきたいです。

嘘みたいな本当の話ですが、「あなたは凡人でなく、秀才になれます。」

目次

1) 才能があるなと思う人は誰ですか?

突然ですが、質問です。
皆さんが「才能があるな」と思う芸能人や有名人は誰でしょうか?

それとも別の人を思い浮かべたでしょうか? 思い浮かべた人は、様々な分野で輝かしい成果をあげている人たちだと思います。

私はテニスをやっているので、松岡さんや錦織さんを目標にしていますが、 すごい人たちのプレイを見ていると自分がみじめで、 「なんで自分にはこれっぽちも才能がないんだろう」と思った事が何度もありました。

もちろん、世界で戦いたいなどの大きな才能は求めてませんが、 「人よりうまくなり、成果を出したい」という気持ちがありました。

2) 才能に対する勘違い

f:id:BlueThree:20200516132754j:plain
「あの人は才能があるから成功した」 「自分には才能がないからやっても意味がない」と思った事はありませんか?

多くの人は「才能があれば全てがうまくいき、うまくいかないのは才能がないせいだ」と考えており、 世間の人はこれがあたかも常識のように認識しています。

実はその考え方は、間違いであり多くの人の才能を潰してしまっているという事に気付きました。

多くの人が間違えている事

「結果は才能を持っているかで決定される」ではなく「才能は結果が良かったかどうかで決定される」なんです。
先ほど、私は「思い浮かべた人は、様々な分野で輝かしい成果をあげている人たちだと思います。」と言いました。 皆さんも納得しながら読んでもらったとおもいます。 逆に「輝かしい成果をあげてない人を才能ある人」と候補にあげている人がいたら、 皆さん「その候補の人物」と「その推薦者」に疑問を持ちませんか?否定したくなりませんか?
私も否定したくなります。
ただ、それは結局、人は皆「才能ではなく結果」で才能を判断しているのです。

つまり、結果さえ出せば才能だと認めてもらえるんです。 ただ、皆さん少し腑に落ちない部分が残っているのではないでしょうか?
長期的には「結果さえあれば才能だ」と認めてもらえるとしても、短期的に結果がでるのは才能ではないかと思いませんか?

f:id:BlueThree:20200516132805j:plain
サッカーのリフティングを初めてやる子どもが2人いるとして、 A君は数時間・数分で出来たのに、 B君は1日かかった場合、前者の方が才能があるように感じますよね。

これは結果もそうですが、才能があるからA君を才能があると判断してしまいますよね。 そして、なぜこのような違いが発生するのでしょうか?

この原因を本記事を読んで理解していただければ、 短期的にも長期的にも「才能があり、結果の出せる人」になれます。

最も効率的に大きな才能・成果を出せる方法ですが、私がオススメする方法は誰でも取り組める方法です。 皆さんには是非最後まで記事を読んでいただき、自分の才能を身に付けて、大きな結果を残して欲しいと思っています。


【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

3) 才能の正体

f:id:BlueThree:20200516132816j:plain
才能の正体は、
小さな当たり前にできる事をたくさん積み上げて、それを意識しなくても出来る状態にする事。
そして、それをどんどん増やしていき、それが大きくなると才能として開花します。

先ほどのリフティングですが、仮に以下の3つが必要な事だとします。

  • 体の軸を揺らさずに足をコントロールする:体や脳を動かすスキル
  • ボールを見て落下位置や軌道を予測する:観察
  • ボールと足の当たった感触をもとに次の動作に移る:感覚のフィードバック

例えば、A君は昆虫を捕まえるのが得意だとして、 昆虫を捕まえるために体を動かしていたり、昆虫の動きを良く観察していて、 何気に2つが当たり前に出来ている一方、B君が1つだったら、A君の方が早くリフティングが出来るのは当たり前ですよね。

当たり前が人によって異なる

つまり生活の中で、当たり前に出来ている事が人によって異なるのです。 人々が違うことは普通なのですが、 日本は島国の影響でどうしても「みんな同じ、みんな平等」と思ってしまい、 その結果、みんなと違う人は「才能があるとかない」とか言ってしまいます。

そうではなく、自分が成果を出したい場所で、
小さな当たり前がどれだけ積み上がっているかで、
結果が出るまでのスピードが異なるだけなんです。

4) 才能の獲得方法

自信の獲得方法

ここに書かれている事を実践すれば、必ず大きな成果を出す事が出来ます。
すごい人と比較してしまうと、自信をなくすかもしれませんが、必ず過去の自分より大きくなれます。
今はとても良い時代で、才能の獲得方法と動画などで上がっているその分野でのコツを学んでしまえば、
あっという間に才能を開花させる事ができます。

もし自信がないという人は、自信の考え方に関する記事がありますので是非ご覧いただければと思います。
bluethree-gift.hatenablog.com

才能の獲得方法

自分の「小さな当たり前」を毎日積み上げていって、その当たり前が集合した時に才能になる。

そのため、
自分が1つの大きな事と感じている事の「要素を分解」して、
たくさんの小さな事にして、それを1つずつ出来るようにしていく。

例は先ほどあげたように、リフティングが出来るようになりたいのであれば(1つの大きな事)、 それを3つの小さな事にして、それを1つずつ出来るようにしていく。
これが確実で早い方法になります。
闇雲にやっても、それは何も考えていないので上達しません。
たまたま出来たとしても「次の大きな事」に対して、なんで出来たかがわかっていないので積み上がっておらず、 次のステップで時間がかかります。

5)私がオススメする具体的な方法

f:id:BlueThree:20200516124916p:plain
具体的な方法として、私はエクセル、スプレッドシートなどに書く事をやっています。
メモや紙でも良いと思います
が、絶対に頭の中でやらないようにしてください。
要素を分解していくのでやる事が多くなります。
頭でやってしまうと覚えられなくなるので、何かしらにメモしましょう。

ただ、並列する要素だったり、大きな事を何回も分解していくと階層が増えていきますし、 日程やチェックボックスなどを作る事を考えると私はエクセルをお勧めします。

アプリをダウンロードすれば良いので簡単です!(もちろん無料)

Microsoft Excel

Microsoft Excel

apps.apple.com

現代は紙に書くより、ipadに書く方が「圧倒的に!」効率的です。
電子媒体が紙に追いつき、追い越しました!! iPadApple Pencileは、優秀な人になりたいのであれば必需品なので、ぜひ持っておきましょう。

私がオススメするコツ

思いついたらメモをして、分解した方が良いなと思ったら分解してください。 そして、継続的に続けてください。まとまった時間ではなく、10分でも良いので自分の中でルールを作り取り組んでください。
例えば、「毎日10分メモを振り返りをする」とかで構いません。
良い分解の方法は下記3つを意識するのが良いですがあまり気にせず、
自分が難しいと思ったら、小さな要素に分解してください

  • 体や脳を動かすスキル
  • 観察
  • 感覚のフィードバック

分解していくと小さくなるので少し取り組めば出来るようになります。
それを積み上げていくことで大きな事も必ず出来るようになります。

f:id:BlueThree:20200516133145j:plain
数学を思い出してみてください。
小学生1年生からすれば、掛け算、割り算、消費税の計算が出来ることはすごい事だと思います。
ただ、大人であれば買い物をする時に何気なく使いますよね?少なくとも電卓があれば出来ますよね。
それはちゃんと足し算、引き算をしっかりやったからこそ出来るのです。
ただ、小さな事を当たり前に出来るように積み上げていった結果なのです。

さらに、高校生になると三角関数微分積分、ベクトルなどが出てきます。
小学生からしたら神業みたいな計算ですが、これも小学生、中学生を積み上げていれば理解出来る内容です。
もし、理解できてないのであれば、どこか小さな所で数学が嫌いになったんだと思います。
それは悪いことではありません。好きでなかったからそうなったので、むしろ嫌いな事が気づけて良いのではないでしょうか?
人によっては、関数かもしれません、分数少数かもしれません。それとも数学の意味かもしれません。
そこを1つずつ丁寧に解決していけば、必ず出来るようになります。

才能がないのではなく、小さな所でつまづいただけ

言いたい事は、皆さんに数学の才能がないのではなく、どこか小さな所でつまづいただけです。
ただ、数学をやっても意味がないと思ってしまうと、小さな事を解消したいと思わないので無理にやる必要はありません。

私は好きな事をとことん追求した方が良いと思っているので、積み上げて無駄だと思ったら、すぐ辞めて良いと思います。 積み上げたいものをとことん積み上げてください。意外と別の分野で才能がミックスして開花したりします。

6) 何か始めたいと思った人へ

何か始めたいと思った人は、自分が好きな事があればそれをトコトンやった方がいいと思います。
ただ、特に思いつかない人は、「エクセル(Excel)」を勉強してみませんか?

「なんでエクセルなんだよ!!!」って思った人は、以下の記事を見てください。 見終わった頃には、「エクセルってそんなすごいのか!知らなかった!!」ってなると思います。

bluethree-gift.hatenablog.com

7)まとめ

f:id:BlueThree:20200517005717p:plain
いかがだったでしょうか?
もし、皆さんの自信をつけるお手伝いができたなら、それだけで幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!!

他の記事や動画も随時更新しております。
お得な情報を見逃して損しないように 気になった方は「ブックマーク」や「チャンネル登録」をよろしくお願いいたします。

あなたの応援だけが私の励みになります!!

bluethree-gift.hatenablog.com
bluethree-gift.hatenablog.com
bluethree-gift.hatenablog.com